まつ毛美容液 おすすめ プチプラ

何気なく当たり前のようにビューラーでキュッと上向きにするだけでも、結構なダメージになっていることが多いものです。

 

普通に抜けたり、切れたりしたことは誰で経験することです。

 

でも、それだけじゃなくて、マツエクやまつパになってくると、もっともっとまつ毛が傷んでしまってますよね。

 

これは、実感として分かるでしょうし、お店の人にも指摘されることもあるので、嫌でも知ってしまうことになるのですが。

 

そういう状態を放っておくと、自まつ毛があまりにも弱々しくなったり、本数が少なくなってスカスカになるのは時間の問題です。

プチプラでおすすめのまつげ美容液って?

そうなると、頼りになるのが「まつ毛美容液」ということになるのですが、数の多さもさることながら、価格もピンキリで1本1万円以上のものだってあるわけです。

 

でも、マツエクやまつパだけでも結構なお金を使っているわけですから、まつ毛美容液にはそれ程お金を掛けたくないというのは皆さん共通の気持ちになると思います。

 

なので、プチプラまつ毛美容液というワードで検索して、とにかく安くて効果の高いものを探しまくる、色んな口コミを見て参考にする、友だちに聞いてみる、こんな感じですよね?

 

ですので、ここはとりあえず、高価なまつ毛美容液は後回しにしておいて、まずはプチプラからはじめてみましょうか。

プチプラまつげ美容液の選び方

プチプラのまつ毛美容液だからといって、とにかく安いのを選ぶのも一つの方法かもしれませんが、せっかくなのでちょっと手間でも安くても効果があるものを選びようにしましょう。

 

その中で、まずチェックしたいのが「成分」ですね。

 

目的の一つは、まつ毛のダメージをケアすることなので、それに見合った成分が配合されていることが大切です。

 

ゼオチン・センブリエキス・オタネニンジン根エキス、こういった成分が含まれているかを確認します。

 

もう一つは、まつ毛を伸ばしたい、まつ育という点で成分を見るなら、ヒアルロン酸・パンテノール・コラーゲン・BGあたりが配合されているとgoodです。

 

今までは、配合して欲しい成分でしたけど、それとは逆に配合して欲しくない刺激の強い成分というのもあるわけです。

 

それはそれで、かなり肌への影響がありますから、見落とさないようにチェックしていきましょう。

 

アルコールやパラペンという表記があったら、そういうのは買わないようにした方が無難です。

 

良心的な商品では、無添加成分として紹介してくれているのも多いので、そういうのを探すことが大事です。

 

あとは、まつ毛美容液を塗る先端のカタチは、塗りやすさに影響してくるので、一度試して気に入っものがあれば、それと同じた形状のものを探すのもオススメです。

 

その形状は、筆タイプ、ブラシタイプ、チップタイプと、大きく分けて3タイプが一般的です。

 

筆タイプですと、細かい部分にキッチリと塗れるのが良い点なのですが、どちらかというと初心者には難しいように気がします。

 

ブラシタイプは、マスカラと同じだと思っていいので、慣れていれば特に苦労することもないかと思います。

 

チップタイプになると、先端にスポンジのようなフワッとしたものが付いて塗りやすく、初心者でも扱いやすいものが多いようです。

 

他にも、数少ない独自のタイプのものもありますので、写真や説明などを見ながら検討していくと良いと思います。

 

最後に、市販品であればコンビニやドラッグストアあたりで簡単に手に入るものが良いですし、通販なら多くのショップが取り扱いをしていると、たまに在庫切れ等で手に入らない場合でも、一時的に他店を利用することができるのでお勧めです。